引き続き農薬散布を実施しております。

今年も8月に入り、熱い日が続いております。

SKYLOOP JAPANは、7月の後半から引き続きドローンによる農薬散布を実施しております。
今日は前回散布した阿東の圃場及び新規の圃場に散布を実施いたしました。

ドローンによる農薬散布は、散布をする環境によって臨機応変に対応する必要があります。

圃場の形状や風向きや風速によって噴射する農薬の散布範囲は変わってくるため、その時々の環境に合わせて最適の散布飛行を行わなければなりません。

SKYLOOP JAPANは、農業用ドローンインストラクター資格保持者もいるなど、ドローンによる農薬散布飛行のスペシャリストです。

各圃場に合わせて、最適な散布飛行を遂行し御依頼者のご要望にお応えいたします。

ドローンによる農薬散布に興味はあるものの、不安や心配がある方は、是非とも一度弊社にお任せ下さい。

また、弊社はDJI農業ドローン教習施設を開設しております。
今後自身でもドローンによる農薬散布を行いたいと思われている方は、資格取得講座を受講して頂けます。

お気軽に下記のお電話番号又はフォームからお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから083-921-8887

関連記事一覧

  1. 農薬散布説明

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP