出雲市でUAVレーザー測量を実施いたしました


出雲市の河川にて、UAVレーザー測量を実施いたしました。

今回、河川近辺で近赤外線レーザーでの計測に加え、水中を透過する波長で計測するグリーンレーザー”AstraLite Edge”を使用した水部のレーザー測量も実施致しました。

赤色レーザーといわれる通常の近赤外線レーザースキャナーでは水部の点群データを取得することが難しいですが、グリーンレーザーでの計測データを組み合わせることで河川等の計測でも地上部と水部の両部を取得することが出来ます。

レッドレーザーとグリーンレーザーの違いを組み合わせることで、ICT施工に活用するデータとしてより完成度の高い成果を得ることができ、更なるi-Constructionの推進が可能です。

YellowScan Vx20


グリーンレーザー”AstraLite Edge”




現場風景


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP